スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

ファッションのトレンドはモダン?

[ その他 ]

要約 今回はAlexander McQueenについての記事です。ここでは全文は掲載していませんが、服飾用語がたくさん出てきます。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

Modern? Not Necessarily
[March 6, 2006]
 PARIS, March 5 ― In the collections of Alexander McQueen and Rei Kawakubo, the designer of Comme des Garcons, everything is obvious.[...]
 Ms. Kawakubo, on the eve of Lent, put models in Mardi Gras masks and sounded the gender theme with dresses attached to the fronts of men's jackets. Mr. McQueen returned to the Scottish highlands, winding up his show with a hologram of Kate Moss vaporizing into a curl of smoke.

記事に関係する用語

Alexander McQueen
 −現デザイナー:Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)
 −1969年ロンドン生まれ
 −99年に活動の本拠をロンドンからニューヨークに移して話題を集める
 −2000-2001年より再びロンドンに戻る
 −同時期にカジュアルライン、"マックイーンズ"を開始

Rei Kawakubo
 −川久保玲
 −19429年東京出身
 −1973年にコム・デ・ギャルソンを設立
 −1981年からパリ・コレクションに参加

Lent
 −受難節
 −イースターまでの46日間
 −日付はイースター(復活祭)からの逆算で決められる
 −毎年2月から3月、4月にかけての季節となる

Mardi Gras
 −Fat Tuesday
 −フランス語で四旬節の断食が始まる前の最後の食事を指す

四旬節(しじゅんせつ)
 −復活祭前の、主日(日曜日)を除く40日間のことを指す
 −この期間の初日の水曜日を灰の水曜日、最後の一週間を聖週間(受難週)という
 −40日間という期間はキリストが行った40日間の断食に由来する

Scottish Highlands
 −スコットランド高地
 −イギリスのスコットランド北部に位置する山地地方
 −スコットランド中部のローランド地方に対しての呼称

Kate Moss
 −ケイト・モス
 −イギリス出身のモデル
 −14歳のときに、家族旅行から戻る途中にニューヨークの空港でスカウトされる
 −身長170センチとモデルにしては小柄
 −完璧な体型のモデル達とは一味違った個性派モデルとして一世を風靡した
 −2005年イギリスのタブロイド紙のデイリー・ミラーがコカインを吸っているモスの写真を掲載
 −その影響から何年もの間広告塔役を務めてきたバーバリーやH&Mの広告からも下ろされてしまう

単語

amply
 −十分に
on the eve of
 −〜の前夜
attach
 −取り付ける
 −参加させる
Scottish Highlandstach
 −スコットランド高地
wind up
 −巻き上げる
 −始末をつける・終わらせる
 −〜する結果となる
 −店を畳む・整理する
 −締めくくる
holograme
 −ホログラム、レーザー写真
 −安全にする
vaporize
 −揮発する・消える
curl of smoke
 −ゆらゆらと立ち上る煙

文法

(今回はありません)

Modern? Not Necessarily
モダン?必ずしも必要ない [March 6, 2006]
 PARIS, March 5 ― In the collections of Alexander McQueen and Rei Kawakubo, the designer of Comme des Garcons, everything is obvious.[...]
 Ms. Kawakubo, on the eve of Lent, put models in Mardi Gras masks and sounded the gender theme with dresses attached to the fronts of men's jackets. Mr. McQueen returned to the Scottish highlands, winding up his show with a hologram of Kate Moss vaporizing into a curl of smoke.
 Alexander McQueenとRei Kawakubo(Comme des Garconsのデザイナー)のコレクションでは全て疑う余地がない。
 受難節の前夜、Kawakuboはモデルに男物のジャケットの前面に取り付けられた衣服とともにMardi Grasの仮面を付けさせ、ジェンダーの曲を流した。McQueenは立ち上る煙にKate Mossのホログラムを映して彼のショーを締めくくった。

admin[滝川の感想]
ここに掲載した分には出てきていませんが、服飾関係の記事は独特の用語が多くて読みにくいです。日常の言葉なのに、普通に訳すと違和感が・・・。服飾用語の英語辞典のようなものが必要ですね。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.04 Saturday comments(0) | trackbacks(7) | 

結婚前にしてはいけないことを教えます:アメリカの結婚前プログラム

[ その他 ]

要約 今回は結婚前に結婚について教えてくれるプログラムについての記事です。アメリカの離婚率では2組に1組が離婚するそうです。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

Rules of Engagement
[February 28, 2006]
 When Jeannine Calandra and Zachary Butterfield got engaged last year, they decided to work on their marriage, not just their wedding.
 So when the Arlington computer programmers began researching boutique hotels in Mexico, they also signed up for a premarital education course called PAIRS, an acronym for Practical Application of Intimate Relationship Skills. They hoped the seven-month course would help them reconcile their very different backgrounds and manage the conflicts that help torpedo more than 40 percent of first marriages.
 One of the first things many premarital therapists do is to explode persistent myths that help sabotage marriages: that love is the most important predictor of marital happiness; that shared interests are a bulwark against divorce; and that true soul mates don't fight.

記事に関係する用語

離婚率
 −日本では近年上昇傾向にある
 −90年代前半まではほぼ0.7〜1.6
 −2000年には2.1まで高まっている(離婚件数:26万件超)
 −他の先進諸国と比べると低いものの、上昇の幅は大きい
 −2000年の時点で、1961年以降に生まれた人で顕著に離婚率が上昇
 −特に婚姻期間が長い夫婦の離婚が大きく増えてきている
 −アメリカは諸外国に比べて離婚率がかなり高く、約50%
 −60年代中頃から急上昇した

単語

get engaged
 −かかわる・婚約する
work on
 −取り組む・努力し続ける
marriage
 −結婚(式)・結婚生活
 −融合・合併
wedding
 −婚礼・結婚記念日・結婚式
Arlington
 −アーリントン(マサチューセッツ州)
boutique hotel
 −ビジネスホテル
sign up for
 −〜を目的として署名する・契約する
premarital
 −結婚前の
acronym
 −頭文字
reconcile
 −仲直りする
 −言行を一致させる
manage
 −何とか成し遂げる
 −管理する
torpedo
 −魚雷・地雷
persistent
 −持続する
 −頑固な
myth
 −神話・作り事
sabotage
 −破壊する・妨害する
predictor
 −予言・前兆
bulwark
 −防壁
divorce
 −離婚
soul mate
 −気の合う人

文法

help them reconcile their very different background
 −help A 〜 :Aを〜させる・させるのに役立つ・一役買う

Rules of Engagement
婚約のルール
[February 28, 2006]
 When Jeannine Calandra and Zachary Butterfield got engaged last year, they decided to work on their marriage, not just their wedding.
 So when the Arlington computer programmers began researching boutique hotels in Mexico, they also signed up for a premarital education course called PAIRS, an acronym for Practical Application of Intimate Relationship Skills. They hoped the seven-month course would help them reconcile their very different backgrounds and manage the conflicts that help torpedo more than 40 percent of first marriages.
 One of the first things many premarital therapists do is to explode persistent myths that help sabotage marriages: that love is the most important predictor of marital happiness; that shared interests are a bulwark against divorce; and that true soul mates don't fight.
 そのためアーリントンのコンピュータープログラマーたち(彼らのこと)はメキシコのビジネスホテルを探し始めたとき、彼らはPAIRS(Practical Application of Intimate Relationship Skillsの頭文字)と呼ばれる結婚前の講座を契約した。彼らは7ヶ月の講座が彼らのとても異なる経歴を一致させ、初婚の40%以上にとって地雷となる対立を何とかしようと望んだ。
 多くのセラピストが最初にすることは結婚をダメにする強固な神話を破壊することである。愛は結婚の幸せの最も重要なもの、共通の興味は離婚を防ぐ、本当に気の合う人はけんかをしない。

admin[滝川の感想]
アメリカの離婚率は高いですね。結婚観や文化が違うので、単純に日本と比較はできないとは思いますが。でも日本の離婚率も高くなってきているようですし、日本でも今回の記事のような結婚前のプログラムがいろいろあるようです。あまり結婚前に夢ばかり見るなと言われてもなぁという気もします・・・。でも知りたいような。う〜ん。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.01 Wednesday comments(5) | trackbacks(1) | 

ウェブ魚拓とは:サイトをキャッシュ保存してくれるサービス

[ その他 ]
このBLOGでは英語の新聞記事を時事用語や単語・文法の解説付きで紹介しています。ところでウェブ上に公開されている新聞記事を参照するときに便利なサービスにウェブ魚拓があります。ウェブ魚拓とは何なのかをご紹介します。

ウェブ魚拓まず何をしてくれるのかというと、リンク切れになってしまっては困るサイトを、キャッシュ保存して残しておいてくれるサービスです。具体的には、新聞記事の保存として使われたりします。ここのBLOGもそうですが、ある新聞記事を基にして何かを書く場合、その記事が参照できないと困る場合があります。新聞社やGoogle ニュースなどは、いつまでも記事を公開するのではなく、一定期間が過ぎれば削除します。例えばGoogle ニュースの保存期間は30日です(Google ニュースヘルプ)。元のリンクは切れていても、公開されていたときの状態を保存してくれているので、いつでも見られるというわけです。

ではどのように使うかというと、手順はとても簡単です。ウェブ魚拓は真ん中に入力フォームがひとつだけあるシンプルな構成になっています。そのフォームに保存したいサイトのURLを入力(コピー&ペースト)します。するとページが変わり・・・

You are taking a cache of "(保存したいサイトのURL)"

と表示されます。そのすぐ下に"take it on my own responsibility"(自己責任によりキャッシュを取得する)のボタンがあるので、それをクリックすればキャッシュ保存は終了です。なお、画面下には、「著作権に関する法律は国ごとに異なります。あなたの国の法律に従ってください。」という同意の文章があります。キャッシュ保存が成功すれば画面が切り替わり、保存したいサイトと同じ画面が表示されます。見た目は同じですが、URLを確認すると、"http://megalodon.jp/fish.php?url="で始まるURLが表示されています。そのURLをコピーし、利用したいBLOGやサイトに貼り付ければ完成です。これで新聞記事などがリンク切れになってしまっても、元の情報を参照できるようになります。

このエントリのURL
http://eikaiwa-toeic.jugem.jp/?eid=14

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.02.17 Friday comments(0) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |