スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

地球外生命体の可能性大:米科学者がサイエンスに発表

要約 今回は土星についての記事です。衛星で生命の存在の前提となる水の存在が発見されたようです。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

Scientists Find Evidence of Water on Saturn Moon
[March 9, 2006 - New York Times]
 The orbiting Cassini spacecraft has spotted what appear to be water geysers on one of Saturn's icy moons, raising the tantalizing possibility that the celestial object harbors life.

記事に関係する用語

土星
 −英名サターンはローマの農耕神サトゥルヌスに由来、太陽から遠く運行が遅いことから年老いた神の名が付けられた
 −太陽に近い方から6番目の惑星
 −太陽系内で木星に次いで大きい
 −ガスを主成分とする惑星
 −直径は地球の約9.4倍、質量は約95倍
 −2005年現在、47個の衛星が発見もしくは確認中でありそのうち35個に名前が付けられている
 −土星の環は1610年にガリレオ・ガリレイによって初めて観測された(ただし望遠鏡の性能のため環と確認できなかった)
 −最近の望遠鏡や性能のいい双眼鏡を使えば土星の環は普通に観測することができる

カッシーニ(Cassini-Huygens)
 −アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)によって開発され、1997年に打上げられた土星探査機
 −天文学者ジョヴァンニ・カッシーニに、ホイヘンスは同じく天文学者クリスティアーン・ホイヘンスに由来する
 −総費用は約34億ドルと、近年の惑星探査においては最大規模の探査機
 −惑星探査機ホイヘンス・プローブ(2.7m、320kg)が搭載されている
 −2004年7月1日、土星軌道に乗り長期間探査(SOI, Saturn Orbit Insertion)を開始

Enceladus
 −エンセラダス
 −氷点下200度の極寒の衛星

間欠泉
 −一定周期で噴水のように温泉を吹き上げる泉

単語

orbit
 −軌道を周回する
spacecraft
 −宇宙船・宇宙探査機
spot
 −斑点を見つける
 −発見する
appear to
 −〜するように見える・思われる
geyser
 −間欠泉
tantalizing
 −興味・欲望をかき立てる
celestial
 −天国の
 −天体の
harbor
 −港・入り江
 −邪念・計画を心に抱く
 −かくまう

文法

the tantalizing possibility that ... :that以下という可能性

Scientists Find Evidence of Water on Saturn Moon
土星の月に水がある証拠を発見
[March 9, 2006 - New York Times]
 The orbiting Cassini spacecraft has spotted what appear to be water geysers on one of Saturn's icy moons, raising the tantalizing possibility that the celestial object harbors life.
 軌道探査機カッシーニによって、土星の氷に覆われた月で水蒸気が噴出している可能性があることがわかった。 天体に生命の存在があるという興味深い可能性が大きくなっている。

admin[滝川の感想]
私は地球以外に生命があっても不思議ではないなぁと思っている方なんですが、土星の衛星に水が発見されたとなると期待が膨らみます。もし生命が存在しているとしたら、どういう姿をしているんでしょうか。たとえ小さな生物でも地球と同じような形なのでしょうか。遠い星のようですが、意外と双眼鏡でも見えるんですね。ちょっと見てみたいです。でも探査機が撮影した惑星の写真を見ると、きれいなんですが、なぜか不安なような怖いような気持ちになります。私だけでしょうか・・・。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.09 Thursday comments(0) | trackbacks(28) | 

女性向けサイトとテレビが手を組んだ:NBCがiVillage買収

要約 今回は米NBCと女性向けウェブサイトiVillageについての記事です。放送とウェブの融合が進むようです。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

NBC Buys a Web Site for Women
[March 7, 2006 - New York Times]
 IVillage, an Internet company devoted to women, agreed yesterday to be acquired by NBC Universal for $600 million.
 [...]
 "What we are excited about here is that it is a community," said Ms. Comstock. "For example, parenting. You will not only be able to read about parenting, but have message boards, photo sharing, enhanced ways of connecting with people[...]"

記事に関係する用語

iVillage.com
 −女性をターゲットにしたウェブサービス
 −健康やエンターテイメント、ファッションなどの独自コンテンツで定評がある
 −広告収入で黒字を出している
 −毎月約6,500万ヒット(アメリカの全女性人口の3.8パーセント;98年4月調べ)
 −毎月250万人の新規訪問者を獲得するに至っている
 −特定のサービス(カスタマイズされたホロスコープなど)を除き無料

Today Show
 −米NBCテレビの朝の看板番組

単語

devoted to
 −〜に努力・愛情を捧げる、専念する、テーマにする
parenting
 −育児・しつけ(世話からしつけまでを含む親業を指す)
enhanced
 −機能強化された・促進された

文法

(今回はありません)

NBC Buys a Web Site for Women
NBC、女性向けウェブサイトを買収
[March 7, 2006]
 IVillage, an Internet company devoted to women, agreed yesterday to be acquired by NBC Universal for $600 million.
 [...]
 "What we are excited about here is that it is a community," said Ms. Comstock. "For example, parenting. You will not only be able to read about parenting, but have message boards, photo sharing, enhanced ways of connecting with people[...]"  女性をターゲットにしたインターネット会社であるIVillageは昨日、NBC Universalに6億ドルで買収されることに同意した。
 「我々が興奮していること、それはコミュニティーだ」とComstock氏は言う。「例えば、育児がある。あなたは育児について読むだけではなく、Today Showについて掲示板や写真の共有といった人々とのつながりのための強化された方法を持つことができる」

admin[滝川の感想]
日本でも女性向けのウェブサイトと放送業界が手を組んで何かおもしろいことをしてくれないでしょうか。テレビ局の一方的な情報伝達だけではなくて、一般女性の情報発信の力を借りたおもしろい番組を放送することになったら絶対見たいと思います。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.07 Tuesday comments(0) | trackbacks(2) | 

消費者獲得の裏には通信速度が関係

要約 今回はウェブサイトの通信速度についての記事です。通信速度は消費者確保のためには重要なようです。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

The High-Speed Money Line
[March 6, 2006]
 Are consumers going to start having to spend a lot more to surf the Web?
 Phone and cable companies have stoked those fears recently by floating plans that would have Amazon, Yahoo and other Web sites paying new fees to ensure that their content will be delivered to customers faster.

記事に関係する用語

通信会社
 −米大手電話会社AT&Tは3月5日、米地域電話会社BellSouthを買収すると発表
 −AT&Tは1984年に、米司法省との独禁法訴訟により長距離通話会社AT&Tと幾つかの地域電話会社に分割された
 −BellSouthはこの時切り離された地域電話会社の1つ
 −AT&Tは2005年、同じくこの時切り離された地域電話会社の1つSBC Communicationsに買収された(ただしAT&Tの社名は残された)

単語

consumer
 −消費者
stoke
 −かき立てる・補給する
float
 −浮かせる
 −株・債権を売り出す
 −計画を提案する
fee
 −手数料
ensure
 −確実にする
 −安全にする
deliver
 −配達する
 −考えを述べる
 −譲渡する

文法

(今回はありません)

The High-Speed Money Line
高速のお金の回線
[March 6, 2006]
 Are consumers going to start having to spend a lot more to surf the Web?
 Phone and cable companies have stoked those fears recently by floating plans that would have Amazon, Yahoo and other Web sites paying new fees to ensure that their content will be delivered to customers faster.  消費者はウェブを見るのにより多くを費やすだろうか?
 近年、電話会社とケーブル会社は、コンテンツが顧客に早く届けられることが保証されるための新しい料金を支払うAmazonやYahooなどのサイトが立てるであろう計画を提案することによって、これらの不安をかき立てている。

admin[滝川の感想]
便利な高速通信の裏には、しっかりお金が流れているんですね。確かに遅い通販サイトだったら買うの止めますし。どれだけお客さんを取り込むかに通信速度まで関係しているとは驚きでした。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.03 Friday comments(0) | trackbacks(0) | 

iPodや$10,000音楽券などが当たる:10億曲目のダウンロードキャンペーン

要約 今回はiTunesのキャンペーンで10億曲目をダウンロードした人についての記事です。iMacやiPod、10,000ドルのギフトカードをもらったとのことです。

まずNew York Timesの原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文はNew York Timesのサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

A Milestone for iTunes; a Windfall for a Downloader
[February 24, 2006]
 It may well have been the best 99 cents Alex Ostrovsky ever spent.
 Early yesterday, he paid that amount to download "Speed of Sound," a song on the Coldplay album "X&Y," from the iTunes Music Store, the Internet music shop that Apple Computer started less than three years ago.
 He did not know it, but it was the billionth song the site had sold, and Apple was not about to let that go unnoticed.
 So at 12:45 a.m., Mr. Ostrovsky's phone rang. It was an Apple employee, telling him that in addition to the song, Apple was giving him a 20-inch iMac, 10 iPods and a $10,000 gift card for the iTunes store. It is even establishing a scholarship at the Juilliard School in his name.
 Mr. Ostrovsky, 16, was still trying to absorb it all yesterday. His phone had been ringing all day, alternating between reporters wanting to know his reaction and friends wanting to congratulate him.
 At one point Mr. Ostrovsky, who lives in West Bloomfield, Mich., went to an Apple store to look at iMacs. "Everyone there knew who I was, too," he said. "It's just surreal."
 He has pretty concrete ideas about how he will use the prizes, though. The iMac stays with him ― "I'd been asking my parents for a new computer for a while, so this was a dream come true," he said. He will keep an iPod, and family and friends will get the rest. But the $10,000 gift card has him a bit flummoxed.
 "My sister has already called from New York to talk about divvying it up," he said, "and I'll probably buy some music for friends."
 But he will also buy more for himself. Until now, Mr. Ostrovsky has not been a frequent user of the iTunes store. "I've downloaded maybe 50 songs, but I was always more likely to borrow CD's from my friends," he said. "I'm certainly going to download more songs now."
 That would certainly be music to Apple's ears.

記事に関係する用語

10億曲ダウンロードキャンペーン
 −アップルコンピュータが行ったキャンペーン
 −「iTunes Music Store」のダウンロード曲数が10億曲に達したのを記念して行われた
 −iPod(60GB)10台、1万ドル相当のiTunesミュージックカードなどが贈られた
 −10万人ごとの応募者に対してiPod nano(4GB)と100ドル相当のiTunesミュージックカードのプレゼントも実施
Coldplay
 −96年にロンドンの4人の大学生が集まって結成
 −99年月EP「Blue Room」でメジャー・デビュー
 −デビュー・アルバム『パラシューツ』は全英アルバム・チャート初登場1位
 −03年にはフジロックに出演
 −05年に3rdアルバム『X&Y』をリリース
Juilliard School
 −ジュリアード音楽院
 −1905年創立
 −ニューヨーク市の中心にある大学
 −世界各国から高い実力と才能をもつ音楽家達が集まる名門校
 −子供の頃から付属校に入学して進学するケースも多い

単語

milestone
 −道しるべ・里程標式
 −画期的な出来事
windfall
 −もうけもの・予期せぬ収穫
amount
 −量
 −金額
 −合計
less than
 −未満の・〜に満たない
 −決して〜ではない
billionth
 −[米]10億番目
 −[英]1兆番目
be about to
 −(まさに今)〜しようとする
go unnoticed
 −見つからずに済む・注目されずに終わる
absorb
 −吸収する
 −緩和する
 −理解する
alternate between
 −AとBを繰り返す

文法

a potential health and economic calamity and an identity crisis as well
 −A1+A2 +B

A Milestone for iTunes; a Windfall for a Downloader
iTunesにとってのマイル標石;ダウンロードをする者にとってのたなぼた
[February 24, 2006]
 It may well have been the best 99 cents Alex Ostrovsky ever spent.
 Early yesterday, he paid that amount to download "Speed of Sound," a song on the Coldplay album "X&Y," from the iTunes Music Store, the Internet music shop that Apple Computer started less than three years ago.
 He did not know it, but it was the billionth song the site had sold, and Apple was not about to let that go unnoticed.
 So at 12:45 a.m., Mr. Ostrovsky's phone rang. It was an Apple employee, telling him that in addition to the song, Apple was giving him a 20-inch iMac, 10 iPods and a $10,000 gift card for the iTunes store. It is even establishing a scholarship at the Juilliard School in his name.
 Mr. Ostrovsky, 16, was still trying to absorb it all yesterday. His phone had been ringing all day, alternating between reporters wanting to know his reaction and friends wanting to congratulate him.
 [...] he will also buy more for himself. Until now, Mr. Ostrovsky has not been a frequent user of the iTunes store. "I've downloaded maybe 50 songs, but I was always more likely to borrow CD's from my friends," he said. "I'm certainly going to download more songs now."
 That would certainly be music to Apple's ears.
 おそらくそれはAlex Ostrovskyがこれまで払った99セントのなかで最高の99セントだったであろう。
 昨日、彼は開始して3年にも満たないインターネット上の音楽ショップであるiTunes Music StoreからダウンロードしたColdplayのアルバム『X&Y』の"Speed of Sound"という曲の料金を支払った。
 彼は知らなかったが、それはそのサイトが販売した10億番目の曲であった。そしてAppleはそのことを注目されずに終わらせようとはしなかった。
 そういうわけで、午前12時45分にOstrovsky氏の電話は鳴った。それはAppleの従業員であり、ダウンロードした曲に加えてAppleが20インチのiMac・10個のiPod・iTunes store用の10,000ドルのギフトカードが贈ることを告げた。さらにはジュリアード音楽院に彼の名前を冠した奨学金を設立するという。
 16歳のOstrovsky氏は昨日丸々かけて、そのことを理解しようとしていた。彼の電話は彼の反応を知りたがる記者と彼を祝おうとする友達で1日中鳴り続いた。
 彼はまた自分自身のために以前よりも音楽を買うだろう。今まで、Ostrovsky氏はiTunes storeを頻繁に利用していたわけではなかった。「50曲くらいダウンロードしたことがあったけど、友達からCDを借りることが多かった」、「今では明らかにより多くの曲をダウンロードするだろう」と彼は言った。
 これは確実にAppleの耳に心地いいだろう。

admin[滝川の感想]
すごく運がいいんですが、友達にあれもこれも買ってくれと頼まれそうですね。断るとケチって言われそうです。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.02.25 Saturday comments(0) | trackbacks(46) | 

Amazon音楽配信開始か:iPodに挑戦

要約 今回はAmazonとiPodについての記事です。Amazonが自社プレーヤーでAppleに挑戦しようと考えているようです。

まずNew York Timesの原文、次に用語解説と単語・文法、そして最後に原文付きで日本語訳を掲載しています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文はNew York Timesのサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

Amazon Will Take On iPod With Its Own Music Player
[February 17, 2006]
 Amazon.com is preparing to take on Apple Computer in digital music by introducing its own portable music player that would be linked to an online music service, according to several music industry executives involved with negotiations with Amazon.
 Unlike Apple, which sells songs for 99 cents each, Amazon will offer a service that charges a monthly or annual fee to customers, who will have the right to fill up their music players with as many songs as they like, the executives said. When they stop paying the fee, the music on the player will be disabled.

記事に出てくる用語

iPod
 −Apple社製の小型ミュージックプレイヤー
 −HDDにデータを記録する
 −iTunesとの連携が特徴
 −2005年9月iPod nano発表
 −2005年10月第5世代iPod発表
iTunes
 −Apple社製の音楽管理・再生ソフト
 −このソフトで様々なことができる
 −CDからMP3へのエンコード・音楽再生・iTunes Music Storeから曲の購入・iPodへの曲のシンクロなど
 −2003年10月iTunes for Windows無料配布開始
 −2005年8月日本でもiTunes Music Storeのサービス開始
cent
 −セント
 −1ドル=100セント
 −99セント=約117円(2006年2月20日現在)

単語

take on
 −引き受ける
 −身に付ける
 −仲間に入れる
 −挑戦する
industry executives
 −業界幹部
involved with
 −〜と関連を持っている
negotiation
 −交渉・譲渡・流通・折衝
fee
 −手数料
subscription
 −予約購読(料)
 −署名

文法

disable
 −否定を表す接頭辞

Amazon Will Take On iPod With Its Own Music Player
[February 17, 2006]
 Amazon.com is preparing to take on Apple Computer in digital music by introducing its own portable music player that would be linked to an online music service, according to several music industry executives involved with negotiations with Amazon.
 Unlike Apple, which sells songs for 99 cents each, Amazon will offer a service that charges a monthly or annual fee to customers, who will have the right to fill up their music players with as many songs as they like, the executives said. When they stop paying the fee, the music on the player will be disabled.
 Amazon has not told the music industry what the fee would be, but similar subscription services range from $5 to $15 a month.
 Amazon.com(アマゾン)はオンラインの音楽サービスと接続する自らの携帯型音楽プレーヤーの導入によって、デジタル音楽の分野でApple Computer(アップル)に挑戦する準備をしている。アマゾンとの交渉に関係している複数の音楽業界幹部による情報。
 1曲99セントで販売しているアップルとは違って、月額もしくは年額によるサービスを提供する予定であり、顧客は好きなだけ曲を音楽プレーヤーに入れる権利を持つことができると幹部たちは語った。料金の支払いをやめるとプレーヤーの曲は聴くことができなくなる。
 アマゾンは音楽業界に料金がどのようなものか発表していないが、月額5ドルから15ドルの予約購読料のようなものになると思われる。

admin[滝川の感想]
最近iPod持ってる人増えてますね。電車に乗ってても周りの人は携帯さわってるか、iPodで曲聴いてるかという感じです。でもまだ私は持ってません・・・。Amazonが新しいサービスを始めるなら、利用料は安くしてほしい。高校生でも気軽に使えるような金額だったらいいんですが。でもその前にiPodほしいなぁ。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.02.20 Monday comments(6) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |