スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

アメリカとイスラエル、ハマスについて協議

[ 国際 ]

要約 今回はアメリカ・イスラエル・ハマスの記事です。まずはハマスについての知識を調べました。

まずNew York Timesの原文、次に用語解説と単語・文法、そして最後に原文付きで日本語訳を掲載しています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文はNew York Timesのサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

記事に出てくる用語

ハマス
 (参考:ハマース - Wikipedia)
 −パレスチナのイスラム主義団体
 −イスラム原理主義の代表的な組織
 −正式名称はイスラム抵抗運動
 −アラビア語で「熱情」という意味
 −アラファト氏のパレスチナ解放機構(PLO)と一線を画した民衆レベルでのイスラエル抵抗運動を組織
 −1990年代にはPLOが進める中東和平に反対
 −右傾化したイスラエルによってパレスチナへの圧力が強まるとその抵抗運動の中心組織となる
 −イスラエル当局側はハマースを抑えこむ政策
 −2004年に創設者のアフマド・ヤースィーン師をイスラエル軍が殺害
 −自爆テロと対照的に、医療・教育などの福祉を自治政府にかわって行っている
 −2004年から行われたパレスチナ地方議会選挙で過半数の議席を獲得
 −2006年のパレスチナ評議会選挙でも過半数の議席を占める
 −米・英・日などの先進国はハマス政権になれば中東和平の弊害になると考え批難

U.S. and Israelis Are Said to Talk of Hamas Ouster
(注:記事の全文はNew York Timesのサイトにログインしないと見られません・・・。)
[ウェブ魚拓を使って保存した記事を見る → ウェブ魚拓とは?]
  The U.S. and Israel are discussing ways to destabilize the Palestinian government to produce a Hamas failure and new elections.
 アメリカとイスラエルはハマスの弱体化と解散総選挙を実現させるために、パレスチナ政府を不安定化させる方法について協議している

単語

destabilize
 −安定性を損なう
 −不安定にする
 −動揺させる
new election
 −解散総選挙

今回のように、まずは記事に出てくる用語を事前に調べておいてから記事を読むようにしています。英語を読むだけではなくて、記事によく出てくる用語についても詳しくなれたらと思っています。

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.02.15 Wednesday comments(0) | trackbacks(0) | 
<< アメリカ14州で大雪 | main | 欧州、鳥インフルエンザの拡大に伴い措置 >>

スポンサーサイト

[ - ]

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - |