スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

欧州、鳥インフルエンザの拡大に伴い措置

要約 今回は鳥インフルエンザについての記事です。ヨーロッパでも徐々に広がりつつあるようです。

まずNew York Timesの原文、次に用語解説と単語・文法、そして最後に原文付きで日本語訳を掲載しています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文はNew York Timesのサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

Europe Takes Action as Bird Flu Spreads
  Health officials across Europe issued restrictions for commercial poultry farms Wednesday after reports that the deadly bird flu virus had turned up at a surprisingly early date in migratory birds in several Western European countries.

記事に出てくる用語

鳥インフルエンザ
 −鳥類がインフルエンザウイルスに感染して起こる病気
 −鳥インフルエンザウイルスの中には鶏などを死亡させる強毒な株がある
 −その感染による病気を高病原性鳥インフルエンザと呼んでいる
 −これまで鶏肉や鶏卵を食べることによって人に感染したという事例の報告はない
 −人から人にうつったことが確認された例はない
 −2004年の日本の発生例では約27万羽の鶏が死亡または処分された

単語

issue
 −発表する
poultry
 −家禽
 −鶏肉
commercial poultry
 −養鶏
deadly
 −致死の
 −極めて有害な
deadly bird flu
 −高病原性鳥インフルエンザ
turn up in
 −登場する
 −参加する
at an early date
 −近々
 −早急に
migratory
 −移住性の
migratory bird
 −渡り鳥

文法

deadly bird flu virus had turned up...
 −完了形が使われているのは、主節の動詞(issue)より過去ということを表している
 −過去完了形なのは、冒頭のissueが過去形だから
turned up at a surprisingly early date in
 −turn up inの間にat a surprisingly early dateが入っている

Europe Takes Action as Bird Flu Spreads
  Health officials across Europe issued restrictions for commercial poultry farms Wednesday after reports that the deadly bird flu virus had turned up at a surprisingly early date in migratory birds in several Western European countries.
 ヨーロッパの保健当局は養鶏場に対する制限を発表した−複数の西洋諸国で高病原性鳥インフルエンザウイルスが野鳥に予想以上に早く出現したとの報告を受けたもの

admin[滝川の感想]
怖いですね、鳥インフルエンザ。じわじわ世界中で広がっているようですし。日本でも発症例があるそうで、不安になります・・・。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.02.16 Thursday comments(0) | trackbacks(1) | 
<< アメリカとイスラエル、ハマスについて協議 | main | プルシェンコ、フィギュアスケートで金 >>

スポンサーサイト

[ - ]

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 









猫もしびれるインフルエンザ(動画)
昨日は4月下旬の陽気で、静岡では桜が咲いたと言う。そして今日は一転真冬の冷え込み。寒暖の差が激しい時は身体にも影響してくる。毎年やって来る嫌なお客さんインフルエンザ。2月〜3月にかけて流行のピークに達する。A、B、Cと3種類あるがC型は殆ど流行しない
| プールサイドの人魚姫 | 2006/02/16 5:11 PM |