スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

女性にとっての糖尿病のリスク

[ 健康 ]

要約 今回は糖尿病と女性の関係についての記事です。糖尿病が大きく増加しているようです。

まずNew York Timesの原文、次に用語解説と単語・文法、そして最後に原文付きで日本語訳を掲載しています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文はNew York Timesのサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

Diabetes Is Seen as a Rising Risk in Mothers-to-Be
[February 18, 2006]
 It has long been something of a quirk in the grim universe of diabetes: a small number of pregnant women would become temporarily diabetic. With proper care, the consequences were often thought to be mild. The babies were usually healthy. And the condition would vanish after the delivery, like a cough or a headache.
 But, not unlike the wider expansion of diabetes, this disorder is now growing, and indications are that it is growing fast. In New York, so-called gestational diabetes has risen by nearly 50 percent in about 10 years.

記事に出てくる用語

糖尿病
 −ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって血液のなかにあふれてしまう
 −血液中のブドウ糖の量(血糖値)をもとに診断する
 −病名の「糖尿」が問題なのではなく「高血糖」が問題
 −尿に糖が出るのは糖尿病がかなり進行している
 −典型的な症状は口渇、多飲、多尿、体重減少など
 −ただし大多数の症例でほとんど無症状

単語

quirk
 −奇行
 −思いがけない行動
 −急な方向転換
 −言い逃れ
grim
 −気味の悪い
 −厳しい
universe
 −宇宙
 −万物
 −分野
diabetes
 −糖尿病
pregnant
 −妊娠している
temporarily
 −一時的に
diabetic
 −糖尿病患者
proper
 −適切な
consequence
 −(ある行動を選択したために導かれた)結果・成り行き・因果関係
vanish
 −消えてなくなる
delivery
 −配達
 −出産
not unlike
 −〜とたいして違わない
indications are that
 −〜となりそうな気配である
gestational diabetes
 −妊娠性糖尿病

文法

this disorder is now growing
 −現在進行形

Diabetes Is Seen as a Rising Risk in Mothers-to-Be
[February 18, 2006]
 It has long been something of a quirk in the grim universe of diabetes: a small number of pregnant women would become temporarily diabetic. With proper care, the consequences were often thought to be mild. The babies were usually healthy. And the condition would vanish after the delivery, like a cough or a headache.
 But, not unlike the wider expansion of diabetes, this disorder is now growing, and indications are that it is growing fast. In New York, so-called gestational diabetes has risen by nearly 50 percent in about 10 years.
 糖尿病の分野では長い間不思議に思われていたことがある:少数の妊娠した女性が一時的に糖尿病になることである。 適切なケアをすれば、穏やかなものとなると多くの場合考えられており、赤ちゃんも普通は健康である。 また出産後、風邪や頭痛のように症状は消えてしまう。
 しかし糖尿病という病気がより広範に拡大するのと同じく、この病気は現在拡大しているところであり、それは早く進みそうである。 ニューヨークでは、いわゆる妊娠性糖尿病は約10年の間で50%増加してきている。

admin[滝川の感想]
糖尿病ってよくテレビで紹介されてますね。あるある大辞典なんかで。テレビあれだけよく特集されているということはやっぱり心配な人が多いんでしょうか。まだ実感のない病気ですが、太ったりしているとよくないんだとか。妊娠したら一時的に糖尿病になったりするんですね。不思議。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.02.19 Sunday comments(0) | trackbacks(5) | 
<< トリノで大流行のチョコレート | main | Amazon音楽配信開始か:iPodに挑戦 >>

スポンサーサイト

[ - ]

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 









あるある大辞典でおもいっきり健康生活
あるある大辞典やみのもんたのおもいっきりテレビで紹介された健康法。
| あるある大辞典でおもいっきり健康生活 | 2006/06/24 7:16 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/07 10:58 AM |
赤ちゃん 病気について
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。2児の母のみきです。赤ちゃん 病気情報のHPです。良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪
| 赤ちゃん 病気 | 2006/12/10 10:00 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/22 4:33 PM |
糖尿病はがんにかかりやすい?
糖尿病ではがんにかかりやすくそのリスクは3割増しだそうです。糖尿病にかかっていると、がん発症の危険が2〜3割高まってしまうことが、厚生労働省研究班の大規模疫学調査でわかりました。90〜94年にかけて、40〜69歳の男性約4万7000人、女性5万1000人を...
| 病気の症状辞典 | 2007/01/18 7:53 PM |