スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

結婚前にしてはいけないことを教えます:アメリカの結婚前プログラム

[ その他 ]

要約 今回は結婚前に結婚について教えてくれるプログラムについての記事です。アメリカの離婚率では2組に1組が離婚するそうです。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

Rules of Engagement
[February 28, 2006]
 When Jeannine Calandra and Zachary Butterfield got engaged last year, they decided to work on their marriage, not just their wedding.
 So when the Arlington computer programmers began researching boutique hotels in Mexico, they also signed up for a premarital education course called PAIRS, an acronym for Practical Application of Intimate Relationship Skills. They hoped the seven-month course would help them reconcile their very different backgrounds and manage the conflicts that help torpedo more than 40 percent of first marriages.
 One of the first things many premarital therapists do is to explode persistent myths that help sabotage marriages: that love is the most important predictor of marital happiness; that shared interests are a bulwark against divorce; and that true soul mates don't fight.

記事に関係する用語

離婚率
 −日本では近年上昇傾向にある
 −90年代前半まではほぼ0.7〜1.6
 −2000年には2.1まで高まっている(離婚件数:26万件超)
 −他の先進諸国と比べると低いものの、上昇の幅は大きい
 −2000年の時点で、1961年以降に生まれた人で顕著に離婚率が上昇
 −特に婚姻期間が長い夫婦の離婚が大きく増えてきている
 −アメリカは諸外国に比べて離婚率がかなり高く、約50%
 −60年代中頃から急上昇した

単語

get engaged
 −かかわる・婚約する
work on
 −取り組む・努力し続ける
marriage
 −結婚(式)・結婚生活
 −融合・合併
wedding
 −婚礼・結婚記念日・結婚式
Arlington
 −アーリントン(マサチューセッツ州)
boutique hotel
 −ビジネスホテル
sign up for
 −〜を目的として署名する・契約する
premarital
 −結婚前の
acronym
 −頭文字
reconcile
 −仲直りする
 −言行を一致させる
manage
 −何とか成し遂げる
 −管理する
torpedo
 −魚雷・地雷
persistent
 −持続する
 −頑固な
myth
 −神話・作り事
sabotage
 −破壊する・妨害する
predictor
 −予言・前兆
bulwark
 −防壁
divorce
 −離婚
soul mate
 −気の合う人

文法

help them reconcile their very different background
 −help A 〜 :Aを〜させる・させるのに役立つ・一役買う

Rules of Engagement
婚約のルール
[February 28, 2006]
 When Jeannine Calandra and Zachary Butterfield got engaged last year, they decided to work on their marriage, not just their wedding.
 So when the Arlington computer programmers began researching boutique hotels in Mexico, they also signed up for a premarital education course called PAIRS, an acronym for Practical Application of Intimate Relationship Skills. They hoped the seven-month course would help them reconcile their very different backgrounds and manage the conflicts that help torpedo more than 40 percent of first marriages.
 One of the first things many premarital therapists do is to explode persistent myths that help sabotage marriages: that love is the most important predictor of marital happiness; that shared interests are a bulwark against divorce; and that true soul mates don't fight.
 そのためアーリントンのコンピュータープログラマーたち(彼らのこと)はメキシコのビジネスホテルを探し始めたとき、彼らはPAIRS(Practical Application of Intimate Relationship Skillsの頭文字)と呼ばれる結婚前の講座を契約した。彼らは7ヶ月の講座が彼らのとても異なる経歴を一致させ、初婚の40%以上にとって地雷となる対立を何とかしようと望んだ。
 多くのセラピストが最初にすることは結婚をダメにする強固な神話を破壊することである。愛は結婚の幸せの最も重要なもの、共通の興味は離婚を防ぐ、本当に気の合う人はけんかをしない。

admin[滝川の感想]
アメリカの離婚率は高いですね。結婚観や文化が違うので、単純に日本と比較はできないとは思いますが。でも日本の離婚率も高くなってきているようですし、日本でも今回の記事のような結婚前のプログラムがいろいろあるようです。あまり結婚前に夢ばかり見るなと言われてもなぁという気もします・・・。でも知りたいような。う〜ん。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.01 Wednesday comments(5) | trackbacks(1) | 
<< 革命から20年、フィリピンに安定はない | main | 鳥インフルエンザの感染拡大に科学は追いつけないのか >>

スポンサーサイト

[ - ]

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 
英語のHPランキングサイト作りました。作ったばかりで、登録者が少ないですが、これからがんばっていこうとおもっています。英語のみに特化したランキングですので、重宝するとおもいます。どうぞよろしくお願いします。HPランキング王「英語」
hana87
・・・あれ?
体調でも悪くしました??汗"Σ('□';)
滝川
ご心配おかけしました!気にかけてくださったということに感動しました。ありがとうございます。学校の行事で忙しくてPC触れませんでした。これからは更新がんばります!ありがとうございました!
hana87
そりゃ忙しい事もありますよねぇ・・・余計な心配でした(笑"
毎日更新しなきゃってずっと頑張ってたら疲れちゃうだろし、間隔が空いて逆に気が楽になるかもですね!
長く続けられるのが1番ですw
滝川
コメントありがとうございました!一気に更新してみました。カレンダーに隙間ができるとなんか悔しい・・・。そうですね、長く続けられるようにがんばります。ありがとうございました!









マサチューセッツ州
マサチューセッツ州マサチューセッツ州(Commonwealth of Massachusetts MA)は、アメリカ合衆国の州の一つ。また、ニューイングランド6州のひとつ。英語での正式名称は、Commonwealth of Massachusetts。略語は、Mass.。人口6,349,097人。大...
| アメリカ合衆国 各州情報 | 2006/03/05 3:38 AM |