スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

消費者獲得の裏には通信速度が関係

要約 今回はウェブサイトの通信速度についての記事です。通信速度は消費者確保のためには重要なようです。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

The High-Speed Money Line
[March 6, 2006]
 Are consumers going to start having to spend a lot more to surf the Web?
 Phone and cable companies have stoked those fears recently by floating plans that would have Amazon, Yahoo and other Web sites paying new fees to ensure that their content will be delivered to customers faster.

記事に関係する用語

通信会社
 −米大手電話会社AT&Tは3月5日、米地域電話会社BellSouthを買収すると発表
 −AT&Tは1984年に、米司法省との独禁法訴訟により長距離通話会社AT&Tと幾つかの地域電話会社に分割された
 −BellSouthはこの時切り離された地域電話会社の1つ
 −AT&Tは2005年、同じくこの時切り離された地域電話会社の1つSBC Communicationsに買収された(ただしAT&Tの社名は残された)

単語

consumer
 −消費者
stoke
 −かき立てる・補給する
float
 −浮かせる
 −株・債権を売り出す
 −計画を提案する
fee
 −手数料
ensure
 −確実にする
 −安全にする
deliver
 −配達する
 −考えを述べる
 −譲渡する

文法

(今回はありません)

The High-Speed Money Line
高速のお金の回線
[March 6, 2006]
 Are consumers going to start having to spend a lot more to surf the Web?
 Phone and cable companies have stoked those fears recently by floating plans that would have Amazon, Yahoo and other Web sites paying new fees to ensure that their content will be delivered to customers faster.  消費者はウェブを見るのにより多くを費やすだろうか?
 近年、電話会社とケーブル会社は、コンテンツが顧客に早く届けられることが保証されるための新しい料金を支払うAmazonやYahooなどのサイトが立てるであろう計画を提案することによって、これらの不安をかき立てている。

admin[滝川の感想]
便利な高速通信の裏には、しっかりお金が流れているんですね。確かに遅い通販サイトだったら買うの止めますし。どれだけお客さんを取り込むかに通信速度まで関係しているとは驚きでした。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.03 Friday comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 鳥インフルエンザの感染拡大に科学は追いつけないのか | main | ファッションのトレンドはモダン? >>

スポンサーサイト

[ - ]

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - |