スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

鳥インフルエンザの感染拡大に科学は追いつけないのか

要約 今回は鳥インフルエンザについての記事です。まだまだ鳥インフルエンザについてわかっていないことがたくさんあるようです。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

鳥インフルエンザ Recent Spread of Bird Flu Confounds Experts
[March 6, 2006]
 Italy ― As new outbreaks of bird flu have peppered Europe and Africa in recent weeks, experts are realizing that they still have much to learn about how migrating birds spread the A(H5N1) virus, leaving the continents vulnerable to unexpected outbreaks.
 After new scientific research published in February clarified the role of wild birds in spreading the disease from its original territory in southern China, the virus promptly moved into dozens of locations in Europe and Africa, following no apparent pattern and upsetting many scientific assumptions about the virus and its course around the world. In fact, knowledge of how the virus is spreading in Europe and Africa is so rudimentary that experts say there is no way of predicting where it will strike next, although they are now certain that it will, again and again.

記事に関係する用語

鳥インフルエンザ
 −鳥類がインフルエンザウイルスに感染して起こる病気
 −鳥インフルエンザウイルスの中には鶏などを死亡させる強毒な株がある
 −その感染による病気を高病原性鳥インフルエンザと呼んでいる
 −これまで鶏肉や鶏卵を食べることによって人に感染したという事例の報告はない
 −人から人にうつったことが確認された例はない
 −2004年の日本の発生例では約27万羽の鶏が死亡または処分された

単語

confound
 −困惑させる
outbreak
 −突発・発生
pepper
 −胡椒をかける・ピリっとさせる
 −引き締める
vulnerable
 −脆弱な
 −攻撃されやすい
 −弱い
promptly
 −即座に

文法

(今回はありません)

鳥インフルエンザ Recent Spread of Bird Flu Confounds Experts
[March 6, 2006]
 Italy ― As new outbreaks of bird flu have peppered Europe and Africa in recent weeks, experts are realizing that they still have much to learn about how migrating birds spread the A(H5N1) virus, leaving the continents vulnerable to unexpected outbreaks.
 After new scientific research published in February clarified the role of wild birds in spreading the disease from its original territory in southern China, the virus promptly moved into dozens of locations in Europe and Africa [...]
 ここ数週間、鳥インフルエンザがヨーロッパとアフリカを緊張させたのと同様、専門家たちは予期せぬ感染の発生に弱い渡り鳥がどのようにH5N1ウイルスを蔓延させるかについて、未だに多くを学ばなくてはならないことを認識している。
 新たな科学的研究が中国南部の元の地域から始まった病気の拡大における野鳥の役割を明らかにした後、即座にヨーロッパとアフリカの数十箇所の地域に拡大した。

admin[滝川の感想]
研究している間に事態は悪くなってしまうので、この先どうなるのか心配です。世界が協力して鳥インフルエンザの研究が行われたりしないのでしょうか。それとも知らないだけで、協力体制はずいぶん進んでいたりするのでしょうか。研究の発展の速度よりも、鳥が空を飛ぶ方が早いですし、この先何かよい発見があればよいのですが。

Google

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.02 Thursday comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 結婚前にしてはいけないことを教えます:アメリカの結婚前プログラム | main | 消費者獲得の裏には通信速度が関係 >>

スポンサーサイト

[ - ]

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 









どうなる家禽と卵
そうそう、鳥インフルエンザ、どうなったのでしょうね?ハンガリーの市民レベルでの鳥インフルエンザについて少々。過去記事から続報をお知らせしませんでしたが、もう既に強力ウィルスH5N1型がハンガリーでも死ん...
| ハンガリーのブリキ箱 | 2006/03/07 1:38 AM |