スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

ガン患者の負担急増?:製造販売の権利売却で10倍に値上がり

[ 健康 ]

要約 今回は癌の薬についての記事です。製造・販売の権利の売却によって価格に大きな変動があったようです。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。最後に記事に関連するリンク集があります。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

A Cancer Drug's Big Price Rise Disturbs Doctors and Patients
[March 12, 2006 - New York Times]
 The medicine, also known as Mustargen, was developed more than 60 years ago and is among the oldest chemotherapy drugs. For decades, it has been blended into an ointment by pharmacists and used as a topical treatment for a cancer called cutaneous T-cell lymphoma, a form of cancer that mainly affects the skin.
 Last August, Merck, which makes Mustargen, sold the rights to manufacture and market it and Cosmegen, another cancer drug, to Ovation Pharmaceuticals, a six-year-old company in Deerfield, Ill., that buys slow-selling medicines from big pharmaceutical companies. The two drugs are used by fewer than 5,000 patients a year and had combined sales of about $1 million in 2004.
 Now Ovation has raised the wholesale price of Mustargen roughly tenfold and that of Cosmegen even more, according to several pharmacists and patients.

記事に関係する用語

癌(がん)
 −遺伝子の異常が原因で起こる病気だと考えられている
 −がんの進み方は身体の部位によって異なる
 −ぎりぎりになるまで自覚症状が出にくい
 −癌遺伝子・・・細胞が正常に増殖するために必要なたんぱく質を作る細胞が何らかの影響で変化
 −遺伝子に傷をつけてしまう物質・・・化学物質・放射線・紫外線・ウイルス
 −日本人の死因の約30%が癌
 −発癌に関与する因子の3分の1はたばこで、3分の1は食べ物だといわれている

Mustargen
 −nitrogen mustardとも呼ばれる
 −もともと軍用のために開発されていた様々な有毒合成物
 −マスタードガスやルイサイトのように、皮膚を激しくただれさせるビラン剤という種類
 −抗がん剤としても利用されている
 −抗癌作用を持つものの同時に発がん性をももつ

Merck
 −メルク
 −世界的医薬品大手企業
 −1827年創業
 −アメリカの拠点としてニューヨークにMerck & Co.を設立し事業を始めた
 −第一次世界大戦によってドイツ国外の財産などを喪失し、アメリカのメルクとドイツ(本家)のメルクはそれぞれ独立した医薬品企業として今日まで発展している
 −米国メルク社製品の導入・販売などは100%出資子会社の万有製薬株式会社が行う
 −米国メルク社直属の日本法人として日本MSD株式会社があり、独国メルクの日本法人としてメルク株式会社がある

単語

disturb
 −妨げる・邪魔をする・阻害する
 −当惑・動揺させる
chemotherapy
 −化学療法
for decades
 −数十年間
ointment
 −軟膏
pharmacist
 −薬剤師・薬局
topical
 −時事問題の
 −局所の
topical treatment
 −膏薬療法(膏薬:脂肪油類に種々の薬物を加えて作った外用薬)
cutaneous T-cell lymphoma
 −皮膚T細胞性リンパ腫
Merck
 −メルク株式会社
cancer drug
 −制癌剤
slow-selling
 −売れ行きの悪い
pharmaceutical
 −製薬の
wholesale
 −卸売り
tenfold
 −10倍の

文法

(今回はありません)

A Cancer Drug's Big Price Rise Disturbs Doctors and Patients
ガン治療薬の価格の大きな上昇に医者と患者は困惑
[March 112, 2006 - New York Times]
 The medicine, also known as Mustargen, was developed more than 60 years ago and is among the oldest chemotherapy drugs. For decades, it has been blended into an ointment by pharmacists and used as a topical treatment for a cancer called cutaneous T-cell lymphoma, a form of cancer that mainly affects the skin.
 Last August, Merck, which makes Mustargen, sold the rights to manufacture and market it and Cosmegen, another cancer drug, to Ovation Pharmaceuticals, a six-year-old company in Deerfield, Ill., that buys slow-selling medicines from big pharmaceutical companies. The two drugs are used by fewer than 5,000 patients a year and had combined sales of about $1 million in 2004.
 Now Ovation has raised the wholesale price of Mustargen roughly tenfold and that of Cosmegen even more, according to several pharmacists and patients.
 Mustargenとして知られる医薬は60年以上前に発展し、化学療法の薬で最も古いものである。何十年もの間、その薬は薬剤師によって軟膏に混ぜられ、主に皮膚に影響を与える癌のひとつの形態である、皮膚T細胞性リンパ腫と呼ばれる癌のための膏薬療法として使われてきた。
 昨年8月、Mustargenを製造するMerckはその薬と他の制癌剤であるCosmegenを製造・販売する権利をOvation Pharmaceuticalsに売却した。Ovation Pharmaceuticalsは売れ行きの悪い薬を製薬会社から買う会社である。これら2つの薬は年間5000人未満の患者に使われ、2004年には合わせて約100万ドルを売り上げている。
 複数の薬剤師や患者によると、現在、Ovation社はMustargenの価格をおおよそ10倍に値上げし、Cosmegenではそれ以上であるという。

admin[滝川の感想]
必要な薬が10倍に値上がりしているようですが、値上がりしたからといって使うのを控えるわけにはいかないでしょうし、どうなってしまうのでしょうか。今までが以上に低価格で、今回の価格が販売数に合ったものなのでしょうか。それにしても10倍はちょっとひどいのでは・・・。

Google

関連リンク集

国立がんセンター
各種がんの解説や薬に関する情報などがあります

がん・ガン・癌スーパーリンク
厳選したリンクを各カテゴリに分類
カテゴリやキーワードから検索が可能

がん治療ドットコム
がん治療Q&A、治療法口コミ情報などがあります

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.11 Saturday comments(0) | trackbacks(3) | 
<< 肥満と炭酸飲料の関係:アメリカの最新動向 | main | 鳥インフルエンザに必要なのはタミフルだけではない:足りない医療機器 >>

スポンサーサイト

[ - ]

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 









たばこ マイルドセブン30円値上げ! たばこまた値上げらしいです
たばこが増税らいしです。日本たばこ産業(JT)が11日に、2006年7月1日から増税すると財務省に申請したそうです。私は去年の10月にたばこをやめて以来たばこを吸ってないんで、あんまり関係ないですが・・・
| やせる・キレイに・ダイエット! | 2006/05/12 5:09 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/25 1:27 PM |
万有製薬の飲む育毛剤プロペシアを処方してもらう
飲む育毛剤のプロペシアは(一般名:フィナステリド)は米国の医薬品メーカーであるメルク社が開発した世界で初めての飲む育毛剤です。FDA(米食品医薬品局)に認可されたAGA(男性型脱毛症)の治療薬として、米国では1998年1月より処方が開始され、今では世界
| 悩み解決情報 | 2008/04/25 12:16 PM |