スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 

鳥インフルエンザがネコ以外にも感染拡大

要約 今回は鳥インフルエンザについての記事です。複数の哺乳類に感染が広がっているようです。

まず新聞記事の原文、次に用語解説と単語・文法、そして原文付きで日本語訳を掲載しています。また日本語訳の後に感想を書いています。最後に記事に関連するリンク集があります。(記事のタイトルを原文にリンクさせています。全文は新聞社のサイトで会員登録(無料)すると読むことができます。)

Bird Flu Found in Stone Marten in Germany
[March 10, 2006 - Washington Post]
 A weasel-like animal called a stone marten was infected with the deadly bird flu virus, marking the disease's spread to another mammal species, a German laboratory said Thursday.
 The sickly animal was found on the north German island of Ruegen, where three cats and dozens of wild birds have been infected with the disease, the agriculture ministry of the state of Mecklenburg-Western Pomerania said.[...]
 Scientists noted that cats and martens eat similar prey. Wild cats in Asia have tested positive for the disease, and cats in Austria have as well.

記事に関係する用語

鳥インフルエンザ
 −鳥類がインフルエンザウイルスに感染して起こる病気
 −鳥インフルエンザウイルスの中には鶏などを死亡させる強毒な株がある
 −その感染による病気を高病原性鳥インフルエンザと呼んでいる
 −これまで鶏肉や鶏卵を食べることによって人に感染したという事例の報告はない
 −人から人にうつったことが確認された例はない
 −2004年の日本の発生例では約27万羽の鶏が死亡または処分された

marten
 −テン
 −ネコ目イタチ科
 −森林、樹木があれば人家周辺にも見られる
 −単独で生活し、平均70haほどの排他的な行動圏を持つ(ツシマテン)

Mecklenburg-Western Pomerania
 −メクレンブルク=フォアポンメルン州
 −Mecklenburg-Vorpommern(ドイツ語表記)
 −ドイツでは最も人口密度が低い州
 −バルト海に浮かぶ島にある海岸、及び州内の数多くの湖に毎年多くの観光客が訪れる

単語

marten
 −テン
stone marten
 −ブナテン
weasel
 −イタチ
 −ずるい人・密告者
sickly
 −病弱な
 −弱々しい
 −哀れな
Ruegen
 −リューゲン
Mecklenburg-Western Pomerania
 −Mecklenburg-Vorpommern(ドイツ語表記)
 −メクレンブルク=フォアポンメルン州
prey
 −犠牲・被害者・餌
positive for
 −〜に陽性の・確信的な・肯定的の

文法

(今回はありません)

Bird Flu Found in Stone Marten in Germany
ドイツ、ブナテンで鳥インフルエンザウイルス見つかる
[March 10, 2006 - Washington Post]
 A weasel-like animal called a stone marten was infected with the deadly bird flu virus, marking the disease's spread to another mammal species, a German laboratory said Thursday.
 The sickly animal was found on the north German island of Ruegen, where three cats and dozens of wild birds have been infected with the disease, the agriculture ministry of the state of Mecklenburg-Western Pomerania said.[...]
 Scientists noted that cats and martens eat similar prey. Wild cats in Asia have tested positive for the disease, and cats in Austria have as well.
 火曜、ブナテンと呼ばれるイタチに似た動物が、他の哺乳類に感染の拡大を見せている深刻な鳥インフルエンザウイルスに感染していたと、ドイツの研究所が述べた。
 その哀れな動物は、3匹のネコと数ダースの野鳥の感染が確認されているドイツ北部のリューゲン島で見つかった、とメクレンブルク=フォアポンメルン州の農業省が述べた。
 科学者はネコとテンが同じ餌を食べていることに注目した。アジアの野鳥は鳥インフルエンザに陽性の試験結果が出ており、オーストリアのネコも同様の結果が出ている。

admin[滝川の感想]
鳥から他の哺乳類にどんどん拡大しているようです。動物からヒトには感染が確認されていますが、ヒトからヒトが出ていません。もしそれが確認された場合、現在感染が確認されている動物は一斉に隔離されたり、捕獲されたりするのでしょうか。

Google

関連リンク集

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.13 Monday comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 鳥インフルエンザに必要なのはタミフルだけではない:足りない医療機器 | main | WBC米人審判の判定を米新聞はどう報じたか >>

スポンサーサイト

[ - ]

 このBLOGの人気記事トップ5

  1. [2006/03/06] ペットが鳥インフルエンザに感染?:ドイツで規制
  2. [2006/02/23] 医療ミス:誤診は2割もある
  3. [2006/02/21] 日本の個人投資:3000万円儲けた主婦
  4. [2006/02/24] 再び鳥インフルエンザ感染:フランスでショック広がる
  5. [2006/02/26] 鳥インフルエンザ流行なら政府をあてにしてはいけない:アメリカ連邦政府通告

 1位はダントツでペットとインフルエンザの記事です。やはり心配が身近なところにくると気になります。国が違ってもウイルスは変わらないので、日本で何かあったらどうなるのでしょうか。2位は医療ミスの記事。最新の医療機器を使っていても、診断ミスが2割もあるという話です。高いお金を払って意味がなかったら・・・。3位は主婦が投資で大儲けをしているという記事。3000万円までいかなくても、けっこう儲かっている人は多いようです。最近はライブドアのニュースも落ち着いてきましたが、個人投資ブームは続いているようです。4位と5位は鳥インフルエンザの記事です。じわじわ世界中で感染が広がっていっているのが不気味です。日本でほとんど報道されないのも怖いです。ある程度、拡大していることを知っていないと、日本で何かあったときにパニックになるのではと心配です。

人気blogランキング 人気blogランキング このBLOGをもし気に入ってもらえたら投票していただければうれしいです。滝川

2006.03.16 Thursday - | - | 









メクレンブルク=フォアポンメルン州
メクレンブルク=フォアポンメルン州は12の地区(クライス)に分割されている。# バート・ドーベラン (Bad Doberan)# デンミン (Demmin)# ギュストロー (G?strow)# ルートウィヒスルスト (Ludwigslust)# メクレンブルク=シュトレリッツ (Mecklenburg-Strelitz)# ミュー
| ドイツがすごい | 2007/03/01 6:14 AM |